« 本田靖春◎複眼で見よ | トップページ | 玉岡かおる◎お家さん »

2011.07.14

江川紹子:編◎特捜検察は必要か

20110714

*

検察への信頼が地に堕ちている現在の状況は、特捜捜査の瑳鉄そのものである。〔…〕

結局、自白や関係者供述によって「悪者」中心のわかりやすいストーリーを組み立てるという方法は、政治・社会・経済の状況が大きく変化し、特捜検察が捜査の対象とする分野、適用する罪名が変わっても、かつて贈収賄中心の政界汚職捜査で用いられた「大艦巨砲主義」的な捜査手法と基本的に変わっていない。

それが最近の特捜検察の不振・低迷、そして、迷走・暴走を招いている最大の原因と言うべきであろう。

特捜検察をめぐる問題の本質は、社会が複雑化・多様化する中で、特捜検察が、ロッキード事件の戦勝体験をいまだに引きずり、

組織の閉鎖性、硬直性ゆえに、旧来の組織の論理や捜査手法を抜本的に改めることができず、社会の変化の中で大きく立ち遅れていることにある。

問題の根本にある組織体制や捜査手法、意思決定システムを、抜本的に改革しない限り、特捜検察が今後も、検察の正義の象徴として生き残っていくことはできないであろう。

──郷原信郎「歴史的視点からみた特捜検察」

◎特捜検察は必要か│江川紹子:編│岩波書店│ISBN9784000258067201103月│評価=△

<キャッチコピー>

特捜検事が証拠改ざん容疑で逮捕された。この事件の背景には何があるのか。特捜部のこれまでの輝かしい歴史は、「神話」に過ぎなかったのか。検察組織をどのように改革すべきなのか。論客たちが多角的に検討、発言する。郷原信郎、木谷明、デビッド・T・ジョンソン、和泉かよ子、河合幹雄、落合洋司、魚住昭、弘中惇一郎、宗像紀夫等の発言。

<memo>

鈴木宗男議員、小沢一郎関連の“国策捜査”やライブドア事件、村上ファンド事件をみていると、日本の政治・経済の方向は特捜検察が決めていると感じる。それを煽っているのがメディアである。検察暴走はメディアも同罪であることが郷原信郎「歴史的視点からみた特捜検察」を読めば浮かび上がってくる。

魚住昭◎冤罪法廷── 特捜検察の落日

上杉隆/週刊朝日編集部●暴走検察

|

« 本田靖春◎複眼で見よ | トップページ | 玉岡かおる◎お家さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江川紹子:編◎特捜検察は必要か:

« 本田靖春◎複眼で見よ | トップページ | 玉岡かおる◎お家さん »