« 和田誠◎五・七・五交遊録 | トップページ | 永江朗◎筑摩書房それからの四十年 1970ー2010 »

2011.07.27

和田芳恵◎筑摩書房の三十年 1940―1970

2011072730

*

筑摩書房という新しい出版社が出来て、金に糸目をつけず、売れようが売れまいがお構いなしに、一級品を出版するというので、出版界の驚異の的になった。

しかし、この道で苦労してきた人たちは、このやり方で、はたして、どこまで続くだろうと危ぶんでもいたらしい。

小山書店の顧問格だった速水敬二が、当時の筑摩書房を、次のように語った。

「筑摩書房が出来たとき、みんな驚いた。いろんな企画をやるので、どこでも驚異の的だったわけですね。ところが、いかにも素人くさいでしょう。やること、なすことね。〔…〕

そのうち酒がまわってくると、古田晃を知らねえか、日本一の本屋になるんだと啖呵を切るんですよ。〔…〕

古田は、まったくの素人でしょう。おかしくてね。〔…〕しかし、素人は、いい面を持っているので脅威の的だったですけれどもね。

古田自身に聞いたら、処女出版の三冊を原価計算したら、全部売れても、だいぶ赤字だったという」

◎筑摩書房の三十年 1940―1970│和田芳恵│筑摩書房│ISBN9784480015150201103月│評価=○

<キャッチコピー>

古田晁と臼井吉見。松本中学以来の同級生ふたりが、文字通り心血を注いで守り育てた筑摩書房。その根の部分に迫った、作家・和田芳恵渾身の作、復刻版。

<キャッチコピー>

1970年に、社史として上梓。非売品のため一般読者の目に触れなかったが、和田芳恵の筆になる本書は社史の「名著」として語り継がれてきた。たんたんとした叙述による小説を読んでいるよう。

和田芳恵編■樋口一葉研究

|

« 和田誠◎五・七・五交遊録 | トップページ | 永江朗◎筑摩書房それからの四十年 1970ー2010 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田芳恵◎筑摩書房の三十年 1940―1970:

« 和田誠◎五・七・五交遊録 | トップページ | 永江朗◎筑摩書房それからの四十年 1970ー2010 »