« 高橋秀実◎ご先祖様はどちら様 | トップページ | 川西政明◎新・日本文壇史――第1巻・漱石の死 »

2011.08.05

出久根達郎◎古本屋歳時記──俳句つれづれ草

20110805

*

みづいろの蚊帳に別れて老いやすし  長谷川双魚〔…〕

蚊帳の話題が出た時、実は私はあることを考えていた。裸の娘が手元にまとうべき衣が見つからなくて、とっさに蚊帳を腰に巻きつける。

確かそのような詩を、昔読んだことがある。誰の詩であったか、思い出そうとしていたのだ。そういう情景の詩なのだが、これが少しもエロティックでない。どころか悲惨な感じのするものだった。〔…〕

86日、朝のテレビが広島原爆慰霊式典を実況している。見ているうちに、詩の作者を思いだした。被爆して、「原爆歌人」といわれた正田篠枝さんである。

その著『耳鳴り』(平凡社)に、「蚊帳の釣手」という題で収められている。着ていたものが原爆で 焼け、見ると焼け残りの青蚊帳がある。それを着けて逃げた。

歩くたび釣手が鳴った、という詩である。

──「蚊帳」

◎古本屋歳時記──俳句つれづれ草│出久根達郎│河出書房新社│ISBN9784309020396201105月│評価=△

<キャッチコピー>

作家と古本稼業、知り合いの古本屋さんとの交わりと、四季折々の身辺雑記。各冒頭に導入となる俳句を一句配して。日々の生活を豊かに、ゆとりの一冊。

<memo>

著者には膨大な古本屋身辺雑記的エッセイがある。本書は俳句雑誌に連載されたもの。さすがに種が尽きたのか、以前書いたエピソードを“再利用”している。よって出久根本は読み納めとしたい。

出久根達郎●春本を愉しむ

出久根達郎●新懐旧国語辞典

出久根達郎●夢は書物にあり

|

« 高橋秀実◎ご先祖様はどちら様 | トップページ | 川西政明◎新・日本文壇史――第1巻・漱石の死 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出久根達郎◎古本屋歳時記──俳句つれづれ草:

« 高橋秀実◎ご先祖様はどちら様 | トップページ | 川西政明◎新・日本文壇史――第1巻・漱石の死 »