« 北村薫◎飲めば都 | トップページ | 司修◎本の魔法 »

2011.08.25

いしいしんじ◎熊にみえて熊じゃない

20110825_2

*

僕は簡単に自己紹介して、ふだんは机に向かって紙やノートに文章を書いている、みんなもそうでしょう、といった。〔…〕

デモネ、僕はいった、紙や黒板だけやなくて、こんなものにも書くことはできます、そういって水性マジックを取り、窓辺に近づいて、「俺は世界でいちばん固い窓だ、とこの窓は思っていた」とガラスに書いた。〔…〕

色白の女子がホーロー鍋に書いている。「わたしは煮るのが得意ですが、やくのはそうでもありません」。〔…〕

ウーロン茶の急須には「中国の味はよくわかる。日本茶はわからない」。

自転車のフレームには「さいきんギーギーへんな音がする。あしくびのところがいたいんだ」。〔…〕

カーテン生地に丸刈りの男児が書いたのは「ホームレス中高年」という題で、

男が仕事も家もなくて「ただの闇にいた」。生まれ変わったら鳥になりたい、と思った。

神様が「鳥もたいへんだぞー」といい、それで「男はただの闇になった」という話だった。

──「小説の教室」

◎熊にみえて熊じゃない│いしいしんじ│マガジンハウス│ISBN9784838720781201003月│評価=○

<キャッチコピー>

雑誌クロワッサンの人気エッセイが一冊に。エッセイだけど限りなく小説に近い“いしいしんじワールド”。ご堪能下さい。

<memo>

敦賀の咸新小学校の6年生25人クラス。あらかじめ用意したパンクした自転車、動かない扇風機、古い携帯電話、デジカメ、プラスティックの盆栽、将棋の駒、双眼鏡、トランク、ホーロー鍋等々を教室の空いたスペースにばらまいて、授業開始。

柳瀬尚紀◎日本語ほど面白いものはない──邑智小学校六年一組特別授業

立松和平●遊行日記

いしいしんじ他■ 本からはじまる物語

|

« 北村薫◎飲めば都 | トップページ | 司修◎本の魔法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いしいしんじ◎熊にみえて熊じゃない:

« 北村薫◎飲めば都 | トップページ | 司修◎本の魔法 »