« 発掘本・再会本100選★ロマネ・コンティ・一九三五年│開高健 | トップページ | 発掘本・再会本100選★俳人風狂列伝│石川桂郎 »

2011.09.01

北村薫/宮部みゆき◎名短篇ほりだしもの

20110901

*

もう夕方だったかも知れない。薄暗い書斎の中で長身の芥川が起ち上がり、欄間に掲げた額のうしろへ手を伸ばしたと思うと、そこから百円札を取り出して来て、私に渡した。

お金に困った相談をしていたのだが、その場で問に合わして貰えるとは思わなかった。〔…〕

「君の事は僕が一番よく知っている。僕には解るのだ」

と云った。

「奥さんもお母様も本当の君の事は解っていない」〔…〕

芥川君が自殺した夏は大変な暑さで、それが何日も続き、息が出来ない様であった。

余り暑いので死んでしまったのだと考え、又それでいいのだと思った。

原因や理由がいろいろあっても、それはそれで、矢っ張り非常な暑さであったから、芥川は死んでしまった。

──内田百閒「亀鳴くや」

◎名短篇ほりだしもの│北村薫/宮部みゆき│筑摩書房│ISBN9784480427939201101月│文庫│評価=○

<キャッチコピー>

「過呼吸になりそうなほど怖かった!」と宮部みゆきが思わず口にした、ほりだしものの名短篇、伊藤人譽「穴の底」。片岡義男、久野豊彦、中村正常、石川桂郎、織田作之助など、目利き二人を震わせた短篇が勢揃い。

<memo>

石川桂郎「剃刀日記」の数編がおもしろい。石川桂郎といえば家業が理髪店で、「花の雨みもごりし人の眉剃(つく)る」「激雷に剃りて女の頸(えり)つめたし」の俳人である。たしかに出久根達郎は『書物の森の狩人』で石川桂郎を“屈指の名文家”と称えていた。

北村薫/宮部みゆき:編◎名短篇、ここにあり

北村薫/宮部みゆき:編◎名短篇、さらにあり

北村薫/宮部みゆき◎とっておき名短篇

|

« 発掘本・再会本100選★ロマネ・コンティ・一九三五年│開高健 | トップページ | 発掘本・再会本100選★俳人風狂列伝│石川桂郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫/宮部みゆき◎名短篇ほりだしもの:

« 発掘本・再会本100選★ロマネ・コンティ・一九三五年│開高健 | トップページ | 発掘本・再会本100選★俳人風狂列伝│石川桂郎 »