« 団鬼六/黒岩由起子◎手術は、しません──父と娘の「ガン闘病」450日 | トップページ | 小野民樹◎新藤兼人伝──未完の日本映画史 »

2011.10.04

天野祐吉◎隠居大学──よく遊びよく遊べ

20111004

*

横尾 天野さん、インキョインキョって言うけどさ、画家っていうのは、本来生まれながらに隠居みたいなものだと思うんですよ。

(歌川)広重は25歳くらい、(伊藤)若沖も30代で家業を弟に任せて、隠居してから画家として本格的な活動をしている。

それも、遊びでしかないんですよね。描いてすぐに売れるかわからない。まあほとんど売れない、と考えていいわけで。

でもそこで自分がやる仕事なり行為をね、そこに徹底的に思いの丈、自由になれるかどうかのきめ手は遊べるかどうかだと思いますね。〔…〕

命懸けで遊びたい、自由になりたいと思ったら、「わたし」とか「ぼく」とかいう自我を滅却して、徹底してバカになるしかないと思うんですよね。

愚者になれるということは最高の境地ですよ。

──第一時限「猫の自由に学ぼう」横尾忠則・天野祐吉

◎隠居大学──よく遊びよく遊べ│天野祐吉│朝日新聞出版│ISBN9784022508607201106月│評価=△

<キャッチコピー>

こんな時代こそ「隠居」を見直そう! 目指すは、自由で洒脱な遊びの達人。横尾忠則、外山滋比古、赤瀬川原平、谷川俊太郎、安野光雅、坪内稔典の豪華講師陣を迎え、ここに隠居養成大学がオープン。年を取るって、いいもんだなァ。

<memo>

「隠居大学」という名の公開対談。隠居になるためには、「猫の自由に学ぼう」「ゆっくり急げ」「いい加減にしなさい」「宇宙人をめざそう」「うふふ力を磨こう」「遊行の旅に出よう」。

天野祐吉■ 私説広告五千年史

|

« 団鬼六/黒岩由起子◎手術は、しません──父と娘の「ガン闘病」450日 | トップページ | 小野民樹◎新藤兼人伝──未完の日本映画史 »

07/老人たちの賛歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天野祐吉◎隠居大学──よく遊びよく遊べ:

« 団鬼六/黒岩由起子◎手術は、しません──父と娘の「ガン闘病」450日 | トップページ | 小野民樹◎新藤兼人伝──未完の日本映画史 »