« 平野義昌★海の本屋のはなし――海文堂書店の記憶と記録 | トップページ | ◎09旅ゆけば│T版 2015年8月~10月 »

2015.10.16

清水潔★騙されてたまるか――調査報道の裏側

20151016_3

 

記者会見場を見れば一目瞭然。記者たちはノートパソコンをずらりと並べ、発表者が口を開けば、一斉にキーボードをカチヤカチヤと打ち出す。

 

今の記者にとって「高速ブラインドタッチ」は職業上不可欠の技術である。発表者の一言一句を漏らさず記録することを、業界用語で「トリテキ」と言う。「テキストを取る」というところから来たらしい。〔…〕

 

話の内容を高速ブラインドタッチで「トリテキ」しなから、その内容を完全に理解、把握した上で、裏や矛盾について鋭い質問をするなど、どたい不可能な話であろう。少なくとも私には無理である。〔…〕

懸命な手作業をすれば脳の思考力は低下してしまう。

 

本来、記者に求められているのは、一方的に発表された情報を一言一句漏らさず届けることではない。

 

自分の頭で考えて内容を精査して、読者にとって重要なことを届けることである。

 

疑問があればその場で聞き、解消しなければならない。

 

 

★騙されてたまるか――調査報道の裏側│清水潔│新潮社│ISBN978410610625520157月│評価=◎おすすめ│桶川事件、足利事件のジャーナリストが報道の原点を問う。

 

 上掲の記者会見場での発言を、いっせいにパソコンに打ち込む姿は、しばしばテレビニュースで見かける。今やこういう作業を経なければ記者になれないのか。これでジャーナリストに育つのだろうかと思う。

 

 著者は本書でも別の著書でも、「僕らは事件記者じゃないんです。警察に詰める警察記者なんですよ」というある記者の発言を紹介している。「なるほど、と私は附に落ちた。私は事件を追う。記者クラブ員は官庁を追う」。

 

 本書は、『桶川ストーカー殺人事件――遺言』『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』の著者による報道の現場を伝えた“回顧録”である。

 

 桶川ストーカー殺人事件では、警察より先に犯人を特定し、さらにはストーカー法制定の契機をつくった。また、連続幼女誘拐殺人事件でも犯人を特定するとともに、「足利事件」の菅家さんの冤罪を救った。

 

これらの輝かしい功績もさることながら、声高に正義を叫ぶのではなく、じっくりと事実に向き合う“職人的”ジャーナリストとして、函館ハイジャック事件、群馬パソコンデータ消失事件、北海道図書館職員殺人事件などで、ジャーナリストの本領を発揮。本書ではその取材方法を明らかにする。

 

「私がこれまで執筆した本や記事では、いずれも取材の裏側や経緯を可能な限り示してつもりだ。〔…〕その理由は、情報の信憑性を担保するためだ。だが、別の理由もある。そのプロセスが若いジャーナリストたちの参考になればと思っているからだ」(本書)。

 

清水 潔★遺言―桶川ストーカー殺人事件の深層

 

清水潔■殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 

 

 

 

 

|

« 平野義昌★海の本屋のはなし――海文堂書店の記憶と記録 | トップページ | ◎09旅ゆけば│T版 2015年8月~10月 »

01/ジャーナリスト魂・編集者萌え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水潔★騙されてたまるか――調査報道の裏側:

« 平野義昌★海の本屋のはなし――海文堂書店の記憶と記録 | トップページ | ◎09旅ゆけば│T版 2015年8月~10月 »