« 青山文平■約定 | トップページ | 青山文平■かけおちる »

2016.12.19

青山文平■半席

20161219

「若えうちはまだ先があるし、世の中見えもいねえから、ま、ひとまず堪えておくかってんで、我慢も利く。けどな、年寄りはそうじゃねえ。我慢を重ねて、いい目を見たやつはその先も我慢できるかもしれねえが、そんなのは、ま、ほんのひと握りだろう」〔…〕

 「あらかたの年寄りは、我慢のしがいを感じてなんぞいるめえ。たっぷりと世間を見てきて、ならぬ堪忍をしたところで、結果はどうってこともねえのが骨身に染みている。

 おまけに、先は短けえってことで、なんで我慢をしなきゃなんねえのか、逆に分からなくなっちまうんだ。

 齢を喰うほどに、堪忍する歯止めが消えてゆく。で、若えうちは軽く我慢できたことでも、簡単に弾ける。

ひょっとしたら、それで命盗られるんなら、それはそれで手間が省ける、くれえに踏んでいるのかもしんねえ

 ―「夢を喰う」

■ 半席|青山文平|新潮社|20165|ISBN: 9784103342335|

 『約定』(2014)所収の「半席」が再録されている。その「半席」がシリーズ化されての6篇の連作短編集である。半席とは、……。御家人だった家が旗本の家となるためには、当主が二度、御目見以上の御役目を拝命しなければならない。二度、拝命しない限り一代御目見の半席となる。このため実績を残して旗本へ駆け上がろうとする。

 その半席、徒目付片岡直人は、上司の組頭内藤雅之から“爺殺し(じじいごろし)”と揶揄され、たいていは年寄りの科人(とがにん)に真相を問い糾す“頼まれ御用”を振られる。

 この連作の特徴の一つは、老人たちの登場である。白傘会という80歳以上でまだ御公儀の御役目に就いている旗本たちの集まりがある。そこで藤九郎87歳が庄右衛門87歳に突然斬りかかるという事件が起こる。団塊の世代が後期高齢者になる時代を先取りしてか、青山文平の作品には70~90代の高齢者が頻出する。むかし好々爺、いま切れ爺。当方も思い当たる節がある。

  ――「近頃は年寄りが危ないねえ」

 すっと出された爛徳利を手酌で傾けて、雅之がつづけた。

「齢喰ったら、人は丸くなるってのは、ありやあ外(はず)してるぜ」(「夢を喰う」)

  もう一つの特徴は、「事件の“なぜ”を解き明かす」ことに主眼があることだ。かつて松本清張の社会派推理小説が全盛だったころ、テーマは“犯行の動機”だった。ところが近年実際に起こる事件は“動機不明”が多い。警察も、犯人確保、証拠収集で手一杯で、動機の究明まで至らない。もっとも被害者と面識もなく、恨みもない猟奇的事件も多い。

 だがこの連作では、犯行の理由探しがテーマであり、その意外性が読みどころである。しかし……。

  ――人は複雑な理由では動けぬものだ。一行で書き尽くされる理由でのみ、人は動く。(「夢を喰う」)

  もう一つ、特徴があった。片岡直人が組頭内藤雅之と落ち合うのは、神田多町の居酒屋、七五屋。店主の喜助は、毎日釣りに出る口実に居酒屋を始めた、と言われるほどの釣り好きで、自分で釣り上げた獲物だけを客に振る舞う。その出てくる料理が楽しみ。なにしろ「旨いいもんを喰やあ、人間知らずに笑顔になる」が客の内藤雅之の口癖である。

 青山文平つまをめとらば

 青山文平鬼はもとより 

 青山文平白樫の樹の下で

 青山文平■伊賀の残光

 青山文平■励み場 

 青山文平■約定

 

|

« 青山文平■約定 | トップページ | 青山文平■かけおちる »

07/老人たちの賛歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青山文平■半席:

« 青山文平■約定 | トップページ | 青山文平■かけおちる »