« 青山文平■励み場 | トップページ | 青山文平■半席 »

2016.12.18

青山文平■約定

20161218

 「俺も仕方なく腹を決めた。しかしな、腹を据えれば心穏やかになるというのはあれは嘘だいよいよ、結び合うのも仕方ないと覚悟すると、怖くてたまらん。この俺が人の命を奪うのかと思うとな、恐ろしくて、このままどこぞに逐電したいほどだ

「旦那様!」

なおも唇を動かし続けようとする大輔に、手を止めて振り向いた佐和が声をかけた。

「これから山に入りませぬか」

「ん

 ずっと二日後のことで頭が塞がっていたせいか、直ぐには言葉の意味が掴めない。

山入りにございます」〔…〕

 北国の冬は長く、高い堰となって春を止める。

 代わりに、堰が切られれば一気に色が爆発する。

 

 人々は、その曝風に身を晒して、とりどりの色を浴びるために山へ入る。

山道を行くたびに、やはり春山入りは北国のものだと、大輔は思う。

 ――「春山入り」

 

 約定|青山文平|新潮社|20148|ISBN: 9784103342328|

  老残の武士が死に場処を求める「三筋界隈」、のちの長編『励み場』の原型である「夏の日」、のちにシリーズとなる「半席」など、6つの短編を収める。

  なかでも当方の気に入りは、上掲の「春山入り」。

 原田大輔と島崎哲平とは、かつて松本道場で竜虎とうたわれた。その哲平は郷村出役として農村に入っており、大輔は馬廻り組として、藩政改革をめぐって敵味方に分かれる。

 大輔と妻の佐和は、長男を麻疹で、次男を疱瘡で失い、二人暮し。そして上掲の場面……。

 満開の辛夷に代わり、桜の花芽が蕾になって綻びかけ、やがて菜の花が、福寿草が、片栗が、さらに百合が、藤が、雪椿が、九輪草が、石楠花が、一斉に咲き誇る。「そこには確かに山の神が御座すと素直に信じられる。そして、その神に、山を下りて、田の神になっていただきたいと祈りたくなる」。すなわち、“春山入り”である。

 時代小説として、堅くなく柔らかくなく、確かな筆致で、夫婦愛と友情が描かれる。郷村出役という言葉やぎんぼと身欠き鰊の煮物などが出てくるところから、この北国は米沢藩をモデルにしたものか。

 青山文平つまをめとらば

 青山文平鬼はもとより 

 青山文平白樫の樹の下で

 青山文平■伊賀の残光

 青山文平■励み場 

|

« 青山文平■励み場 | トップページ | 青山文平■半席 »

14/シンプルライフ・イズ・ベスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青山文平■約定:

« 青山文平■励み場 | トップページ | 青山文平■半席 »