« 三田完★不機嫌な作詞家――阿久悠日記を読む | トップページ | 東海テレビ取材班★ヤクザと憲法――「暴排条例」は何を守るのか »

2017.02.05

角幡唯介★探検家、40歳の事情

2017020540

 

 

 じつはシロクマは陸生動物ではなく、アザラシやセイウチとおなじように海にすむ海獣に分類されており、肉にもアザラシと同じような海獣独特の潮のにおいが染みこんでいて、ちょっとクがある。

 だが、それが嫌味になっておらず、逆にその脂っぼい濃厚な味をひきたるアクセントになっており、とにかく口に入れるたびに思わず「うんめぇー」と声が漏れてしまうほど旨いのだ。〔…〕

 このときのシロクマ肉は北極一番というより、

日本のどんな焼肉屋で食べた肉よりも上質な、人生一番の肉だといっても過言ではなかった。

――「生肉と黒いツァンパ」

 

 探検家、40歳の事情|角幡唯介|文藝春秋|201610ISBN: 9784163905457|△

 

1位 シロクマ

2位 ホッキョクウサギ

3位 イッカク

4位 アザラシ

5位 チャー

6位 カリブー

7位 アッパリアス

8位 ジャコウウシ

9位 セイウチ

  これは著者による“北極の肉・味のランキング”である。

  本書は『探検家、36歳の憂鬱』に続くエッセイ集。探検の余話や小市民的日常を垣間見せる話を中心に編み、「読者にもこいつアだなぁと思って読んでもらえれば著者冥利につきる」とちょっと照れ気味の言い訳をあとがきに記している。

  なにしろノンフィクションについてストイックな考えをもつ探検家である。一読者である当方は『アグルーカの行方』での北極圏でのジャコウウシを殺して食べた場面が忘れられない。いや殺した母牛ではなく、そばにいたぬいぐるみのようにかわいい仔牛の鳴き声が今も耳に届きそうな場面が忘れられない。

 『アグルーカの行方』の圧巻シーンの“探検の余話”として、そのジャコウウシの味を第8位に挙げるんですか。それはないでしょう。

 また、峠恵子『冒険歌手――珍・世界最悪の旅』に若き日の著者が登場するが、本書の「マラリア青春記」では、そのニューギニア探検時の蚊に悩まされた話がでてくるが、これはまじめな“余話”である。

 ところで以前NHKBSの番組でベラルーシ国境から首都モスクワまでの国道1号線、1400キロ余りを、著者が自転車で走る「ロシア ルート1の旅」という番組を再放送で見たが、なぜ自転車なのか全く理解できなかった。また現地の人へのインタビューを画面の外のいる通訳に対してしているテレビの初心者ぶりが初々しくもあり痛々しくもあった。

 探検を何度も何度もできる訳がないので、“ノンフィクション作家・探検家”という職業に“書評家・エッセイスト”の肩書が加わるのはいいが、どうか“コメンテーター・リポーター”などテレビ方面にはいかないでいただきたいものだ。

 

角幡唯介□アグルーカの行方――129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

角幡唯介▼探検家、36歳の憂鬱

角幡唯介◎空白の五マイル――チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

角幡唯介◎雪男は向こうからやって来た

峠恵子■冒険歌手――珍・世界最悪の旅

|

« 三田完★不機嫌な作詞家――阿久悠日記を読む | トップページ | 東海テレビ取材班★ヤクザと憲法――「暴排条例」は何を守るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角幡唯介★探検家、40歳の事情:

« 三田完★不機嫌な作詞家――阿久悠日記を読む | トップページ | 東海テレビ取材班★ヤクザと憲法――「暴排条例」は何を守るのか »