« 村上 春樹★騎士団長殺し―― 第2部 遷ろうメタファー編 | トップページ | 大下英治★高倉健の背中――監督・降旗康男に遺した男の立ち姿 »

2017.04.07

村上春樹★騎士団長殺し――第1部 顕れるイデア編

201704071

 

 騎士団長はしばらく腕組みをして考えていた。それからを細め、口を開いた。

 「歴史の中には、そのまま暗闇の中に置いておった方がよろしいこともうんとある。

 正しい知識が人を豊かにするとは限らんぜ。客観が主観を凌駕するとは限らんぜ。事実が妄想を吹き消すとは限らんぜ」

 「一般論としてはそうかもしれません。〔…〕彼が知っているとても大事な、しかし公に明らかにはできないものごとを、個人的に暗号化することを目的として、あの絵を描いたのではないという気がするのです

 

騎士団長殺し――1部 顕れるイデア編|村上春樹|新潮社 |201702| ISBN:  9784103534327 |◎=おすすめ

 当方は100万人の村上春樹ファンの一人で、新作がでたら読む。だがコレクターではなく、再読もほとんどしない。そこで本書は、ヤフオクで買い、読後またヤフオクで売った。差引1500円の負担は、大きいか小さいか。

 それはさておき村上作品としてはこれまででいちばん面白かった。このところずっとノンフィクションばかり読んでいたので、久しぶりに村上ワールドの物語に引き込まれ、その世界を満喫した。3.11の被災地の町、南京虐殺やウィーンでの反ナチの地下抵抗組織の話も出てくるが、そして同時にクラシックやジャズのレコード、服装や食事やセックスや車の描写が多発するが、当方はまったく関心がない。

 ついでにその車のことに触れると、古いプジョー205、白いスバル・フォレスター、銀色のジャガー、赤いミニ、黒いインフィニティ、黒い旧型ボルボ、ブルーのトヨタ・プリウス、トヨタ・カローラ・ワゴンが登場する。

  当方の関心はいつものように卓抜な警句と、意表を突く比喩である。ただ今回は「というか」という表現が多発したり、警句も比喩もいまいち精彩がない。しかし以下、そのコレクション。

*

 ときどき自分が、絵画界における高級娼婦のように思えることがあった。私は技術を駆使して、可能な限り良心的に、定められたプロセスを抜かりなくこなす。そして顧客を満足させることができる。

*

「結婚して15年以上になるし、子供も2人いるし、私はもう新鮮じゃなくなってしまったのよ」

「ぼくにはとても新鮮に見えるけど」

「ありがとう。そう言われると、なんだかリサイクルでもされているような気がしてくるけど」

「資源の再生利用?」

*

 原因のない結果はない。卵を割らないオムレッがないのと同じように。

*

 私の知る限り画家というのは誰しも、多かれ少なかれ手元に絵を抱え込んでいるものだ。自分の絵があり、他の作家の絵がある。知らないうちにいろんな絵画が身の回りに溜まっていく。雪かきをしても、あとからあとから雪が降り積もるみたいに。

*

「大胆な転換が必要とされる時期が、おそらく誰の人生にもあります。そういうポイントがやってきたら、素速くその尻尾を掴まなくてはなりません。しっかりと堅く握って、二度と離してはならない。

*

「しかし、知っていても知らなくても、やってくる結果は同じようなものだよ。遅いか早いか、突然か突然じゃないか、ノックの音が大きいか小さいか、それくらいの違いしかない」

*

 うん、絵描きだから、料理の姿かたちをそのまま再現することはできる。でもその中身までは説明できない。

*

「もしその絵が何かを語りたがっておるのであれば、絵にそのまま語らせておけばよろしい。隠喩は隠喩のままに、暗号は暗号のままに、ザルはザルのままにしておけばよろしい。それで何の不都合があるだろうか?」

*

「真実とはすなはち表象のことであり、表象とはすなはち真実のことだ。そこにある表象をそのままぐいと呑み込んでしまうのがいちばんなのだ。そこには理屈も事実も、豚のへそもアリの金玉も、なんにもあらない」

|

« 村上 春樹★騎士団長殺し―― 第2部 遷ろうメタファー編 | トップページ | 大下英治★高倉健の背中――監督・降旗康男に遺した男の立ち姿 »

15/ミステリアスにつき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹★騎士団長殺し――第1部 顕れるイデア編:

« 村上 春樹★騎士団長殺し―― 第2部 遷ろうメタファー編 | トップページ | 大下英治★高倉健の背中――監督・降旗康男に遺した男の立ち姿 »