« 中西進・鵜飼哲夫★卒寿の自画像―わが人生賛歌―     …………“令和”万葉学者の語り下ろし自伝 | トップページ | 吉田篤弘★流星シネマ    …………200年前に鯨が川をのぼってきたという伝説がある町で暮らす人々のあたたかな物語 »

2020.07.05

★つりが好き アウトドアと文藝    …………24篇の釣り談義のなかの1篇幸田文「鱸(すずき)」を読んで「おとうと」の方へ

Photo_20200705072801


 父は何度この話をしたろう。よほどそのときの弟の笑い顔に心を絞られたものと見える。が、その話をしばしば話すようになったのは、その弟がはたちで亡くなった後のことである。

 感傷もなにもなく、明るく懐かしく話したが、私には跡味が寂しく残された話なのである。

 少年の姿がかわいいのか、父親の心が哀しいのか、釣られる魚がいとおしいのか、供をする船頭が辛いのか、水がせつないのか、船が寂しいのか、


――いちばんはっきりわかっていることは、父は息子をかわいがっていてそれに先立たれたということである。


――幸田文「鱸(すずき)」(『包む』1956)

★つりが好き アウトドアと文藝/2020.03/河出書房新社


 井伏鱒二をはじめ24名の釣り談義をあつめたアンソロジーである。編集者の名が書かれていないが、高齢の方なのか、著作権を意識したのか、おなじみの釣り師を並べたせいか、古い作品が多い。

 以下、幸田露伴、幸田文親子のエッセイのみ紹介する。

 ――古語にも、香餌の下大魚ありとは云わずや。軽き竿、利き鉤の用も、魚の来らぬ上は甲斐無きことなれば、すべての機具はいかに精巧なるも、餌にして宜しからざれは功を収むるには遠しというべし。釣魚の道も多端なれば、餌もおのずから多種にして、一時に之を説き尽す能わず。
今先ず鮒釣に対する餌に就きていささか談らんか。(「釣魚談一則」)

と、いささかと言いつつ、「餌を精(くわし)うすることを務むべき」と蚯蚓(みみず)について延々と書いている。

Photo_20200705073101

 その父露伴を語る幸田文「鱸(すずき)」は、父の釣りは自ら釣り船をもち、“河の鱸”に偏っていたと書く。

 ――船頭は長いなじみだから善悪ともに父の気象も、家庭の状態――つまり私たち三人の子を置いて母親が亡くなり、つづいて総領娘も逝き、その後に新しく来た人もうまくそぐわず、その人も寂しく父子も寂しいという状態を、よく承知していた。(「鱸」)

 ああ、これはなんと、初期の代表作『おとうと』(1956)の世界ですね。

 天気上々の釣り日和の日に、甘ったれでわがままっ子の弟を、父は釣り船に乗せる。一人前に綸(いと)を握っている弟の鉤(はり)へ魚のほうでかぶりついてきた。弟は有頂天になり、早くその魚がたべたいと催促し、塩をぶっかけ焼いた尾頭つきを頬張って、「うまいなあ」と笑ったという。

 そして上掲の「父は何度この話をしたろう」に続く。その弟は20歳で亡くなる。

 もう半世紀以上もまえに読んだ『おとうと』や市川崑監督の映画(1960)の“銀残し”という手法の渋い色彩を思いだす。そしてこんなセリフ――。

 ――平凡だよね。平和だよね。どこにも感激するような事件というものはない。でもね、そういう景色、うっすらと哀しくない? え、 ねえさん。おれ、そのうっすらと哀しいのがやりきれないんだ。(『おとうと』)

露伴には、「釣師撲つ露は銀河のしぶきかな」の句がある。

 

Amazon「つりが好き アウトドアと文藝」

 

Amazon幸田文「おとうと」

 

 

|

« 中西進・鵜飼哲夫★卒寿の自画像―わが人生賛歌―     …………“令和”万葉学者の語り下ろし自伝 | トップページ | 吉田篤弘★流星シネマ    …………200年前に鯨が川をのぼってきたという伝説がある町で暮らす人々のあたたかな物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中西進・鵜飼哲夫★卒寿の自画像―わが人生賛歌―     …………“令和”万葉学者の語り下ろし自伝 | トップページ | 吉田篤弘★流星シネマ    …………200年前に鯨が川をのぼってきたという伝説がある町で暮らす人々のあたたかな物語 »