« 出口治明★還暦からの底力――歴史・人・旅に学ぶ生き方         …………明るく単純な人生をおくるための教科書 | トップページ | 松岡ひでたか★小津安二郎の俳句          …………上から目線の“小津俳句”評を読んだ後は、高橋治『絢爛たる影絵 小津安二郎』でお口直し »

2020.09.30

左右社編集部★仕事本 わたしたちの緊急事態日記            …………コロナ禍を避けた2020年4月の単調な日々を覚えていますか

202006_20200930070401


 緊急事態宣言が発せられた日、左右社編集部はすぐさま、仕事をテーマにした本をつくるべく、77人のさまざまな職業の人たちに、4月の日記を書いてもらうようお願いしました。それを構成したのが本書です。

 有名な人も無名な人も、20代も80代も、命の危険を感じながら治療する医者も、風評に悩まされるタクシー運転手もいます。日記を読むうちに、これまで職業名でしか認識していなかった人も、ひとりひとりの素顔が見えてきました。〔…〕

 ひとつの仕事は、誰かの生活につながり、その生活がまた別の人の仕事を支えている。


 本書は仕事辞典であると同時に、緊急事態宣言後の記録であり、働く人のパワーワードが心に刺さる文学作品でもあります。


 仕事は続くよ、どこまでも。

 

★仕事本 わたしたちの緊急事態日記 /左右社編集部 /2020.06 /左右社


 450ページの大冊である。しかも、日記。到底読めない。任意にページをめくって、気になるできごとを探したが、全体の1/4も読んでいない。たまたま開いたページのいくつかを紹介する。


 日常生活をリアルタイムで、その肉声に近い思いを日記のかたちで記録し、編集者の力量を示した貴重な“1次資料”である。

 *2020年4月1日(水)
 新型コロナウイルス感染症対策本部が開かれ、安倍晋三首相は全国の全世帯に2枚ずつの布製マスク配布を表明。「♯アベノマスク」がtwitterのトレンド上位に。
(なお3日前の3月29日、志村けんが新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎により70歳で死去)

4月7日(火)――内科医
 ひとり目の診察に時間がかかってしまい、次の高血圧・糖尿病の男性が、いまの人が待合室で咳をしていた、もしコロナがうつったらどうするんだ、と診察室に入るなり怒りだした。あの咳は膠原病の咳で他人にうつらないから、と一生懸命なだめて長期処方して帰ってもらった。

4月7日(火) ――女子プロレスラー
 結局3日は無観客興行を打った。皆、動画配信ならではの試合を闘い切った。少しでも画面越しに楽しさを届けられるように。プロレスラーという生き物は、とにかくどんな形でもいいからお客さんを楽しませたいという気持ちが強い。しかし、緊急事態宣言が発令された今、その無観客興行ですら今後は難しいだろう。

*4月7日(火)
午後7時、首相は特別措置法に基づく緊急事熊宣言を発令することを発表。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡を対象に、期間は5月6日までの1か月程度とした。

4月8日(水)――葬儀社スタッフ
「もしコロナウイルスだった場合……」すこし間を開けて書類の文事を読み上げた。
「お通夜お葬式はできません。場合によっては今日、火葬することになるかもしれません。病院で消毒した後、専用のビニール製の袋に、お父様のお体を収める必要があります。その後、面会はできません。火葬にも立ち会えません」
予想通り、電話の向こうでしばらく沈黙があった。
「家族であっても……ですか」

4月9日(木) ――薬剤師
 店内を眺めてみたらエタノール含有の商品、ガーゼを使った商品、体温計などが全くない。そういえば少し前日本在住の中国の人が体温計を大量に買い求めていた。先にコロナが大流行した中国に送ると言っていた。
 その時は日本がこんなになるとは夢にも思わなかった。日本中至るところメイドインチャイナだからひとたび事が起こると物資不足に陥る。

*4月12日(日)
 星野源「うちで踊ろう」と歌う映像に合わせて、安倍首相がお茶を飲んだりテレビを見たりして家でくつろぐ姿の動画が、首相の公式アカウントにアップされた。

4月15日(水)――夫婦問題カウンセラー
 本日は、某情報番組での「コロナ離婚」のコーナーに生電話出演。

*4月16日(木)
国民への一律の給付金は、一人当たり10万円として実現へ。

4月17日(金)――運送会社配達員
 4月に入り、遅配が目立っていたが、今日は配達中止の商品が複数出たこと。商品は、生肉や冷凍シーフード、清涼飲料水などである。驚く。理由は、想定された供給量よりも注文数が多く、発送センターの受入能力を超えたからとのこと。

4月18日(土)――小説家
 俺は毎日、同じことをしている。しようとしている、と言ったほうが正確か。顔を見れば、「えらいことになりましたな」「ほんまですな」以外、言うことがない、そして、顔見ることがない。だからひとりで言ってる。

4月20日(月)――留学生
 緊急事態宣言何日目(かな?) 私もわからなくなった(笑)。とりあえずバイトに戻った。留学生は自分の家賃とか生活費を稼がないとダメなのよ(笑)。

4月27日(月)――校長
 8月に開催予定だった全国高校総合体育大会の中止が決まった。〔…〕特に、スポーツ推薦で大学を目指していた高三生の気持ちを考えるといたたまれない。思えば、新高三生は、大学の入試改革における騒動に振り回され、そして今のコロナによる休校と、混乱が続いている。

*4月30日(木)
日本の新規感染者201人。クルーズ船乗客乗員を含む感染者数は累計15,140人、死者470人。岩手県では引き続き、感染確認者はゼロ。
*
 なお、2020年9月29付朝日新聞によると、国内の感染者82,712人、死者1,561人、退院者75,649人。
 また、ジュネーブ共同によると、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が29日、世界全体で100万人を超えた。感染者は3300万人を超えた。

 

 

Amazon★仕事本 わたしたちの緊急事態日記 

 

 

 

 

 

|

« 出口治明★還暦からの底力――歴史・人・旅に学ぶ生き方         …………明るく単純な人生をおくるための教科書 | トップページ | 松岡ひでたか★小津安二郎の俳句          …………上から目線の“小津俳句”評を読んだ後は、高橋治『絢爛たる影絵 小津安二郎』でお口直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出口治明★還暦からの底力――歴史・人・旅に学ぶ生き方         …………明るく単純な人生をおくるための教科書 | トップページ | 松岡ひでたか★小津安二郎の俳句          …………上から目線の“小津俳句”評を読んだ後は、高橋治『絢爛たる影絵 小津安二郎』でお口直し »