« 中村哲郎★評話集 勘三郎の死――劇場群像と舞台回想    …………波野という姓をもつ勘三郎と吉右衛門の確執と和解と歌舞伎の行方 | トップページ | 発掘本・再会本100選★遠いアメリカ /常盤新平     …………「ねえ、ハンバーガーって知ってる?」「ハンバーグのことなの」「どうも、ちがうような気がするんだ」 »

2020.09.09

磯崎憲一郎★日本蒙昧前史     …………月日はあっても、年はない。職業はあっても、氏名はない。滅びゆく国の前史である。

202006


プライバシーもへったくれもあったものではない、思い出してみればみるほど、じっさい酷い時代だったのだ、この時代の人々が果報に恵まれていたなどというのも、本当かどうか怪しいものだ。しかしそんな時代であっても、後の時代に比べればまだまともだった、不愉快な思いに苛まれずに済んだ、そう思えてならないのは、

けっきょくこの国は悪くなり続けている、歴史上現れては消えた無数の国家と同様に、滅びつつあるからなのだろう、いかなる国家も、愚かで、強欲で、場当たり主義的な人間の集まりである限り、衰退し滅亡する宿命からは逃れられない、

我々は滅びゆく国に生きている、そしていつでも我々は、その渦中にあるときには何が起こっているかを知らず、過ぎ去った後になって初めてその出来事の意味を知る、

ならば未来ではなく過去のどこかの一点に、じつはそのときこそが儚く短い歴史の、かりそめの頂点だったのかもしれない、奇跡のような閃光を放った瞬間も見つかるはずなのだ、

★日本蒙昧前史 /磯崎憲一郎 /2020.06 /文藝春秋 /◎=おすすめ


 滅びゆく国の前史である。それは1970~80年代。
 だが月日はあっても、年はない。
 職業はあっても、氏名はない。

 しかしあえて年を表示すれば、……。

 1984年 誘拐された製菓会社の社長 
 1976年 五つ子の父となった記者
 1972年 グアムから帰った元日本兵
 1970年 万博太陽の塔の目玉男 

 句点(。)よりも読点(、)を多用し、改行を避けながら、しかし一気に読ませる。

 事件が世間をにぎわすことがなければ、無名のまま一生を終えたはずの男たち。だが蒙昧なのは事件や男たちではなく、メディアそのものではないか。
そしていまやマスメディアの劣化は目を覆うばかり、ソーシャルメディアはフェイクニュースが入り交じり繁殖中。

 ――もちろんこの頃既に、人々は同質性と浅ましさに蝕まれつつはあったが、後の時代ほど絶望的に愚かではなかった、解けない謎は謎のままに蓋をするだけの分別が、まだかろうじて残っていた。 (本書)

 

Amazon磯崎憲一郎★日本蒙昧前史 

 

 

 

|

« 中村哲郎★評話集 勘三郎の死――劇場群像と舞台回想    …………波野という姓をもつ勘三郎と吉右衛門の確執と和解と歌舞伎の行方 | トップページ | 発掘本・再会本100選★遠いアメリカ /常盤新平     …………「ねえ、ハンバーガーって知ってる?」「ハンバーグのことなの」「どうも、ちがうような気がするんだ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中村哲郎★評話集 勘三郎の死――劇場群像と舞台回想    …………波野という姓をもつ勘三郎と吉右衛門の確執と和解と歌舞伎の行方 | トップページ | 発掘本・再会本100選★遠いアメリカ /常盤新平     …………「ねえ、ハンバーガーって知ってる?」「ハンバーグのことなの」「どうも、ちがうような気がするんだ」 »