« 樋口恵子/上野千鶴子★人生のやめどき――しがらみを捨ててこれからを楽しむ      …………未練たっぷりに、この世を去りたい | トップページ | 吉田豪★書評の星座――吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019      …………いいたい放題の“明るい書評”本 »

2020.11.26

嘉悦洋・北村泰一★その犬の名を誰も知らない      …………タロとジロのほか、もう1頭生きていたんです

 
202002a


  北村氏は言いながら、写真から日を離そうとしない。
 やがて顔を上げて話し出したのは、タロとジロのことではなかった。

「あなたもそうですが、誰もが、昭和基地で生きていた犬はタロとジロだけだと思っています。
ところ、が本当は違う。もう1頭、生きていたんです」

 私は文字通り、言葉を失った。信じがたい証言だった。北村氏は、私に会う前からこのことを話そうと決めていたという。
 第3の犬が昭和基地で生きていたこと。

★その犬の名を誰も知らない /嘉悦洋・北村泰一 /2020.02 /小学館集英社プロダクション


 南極大陸に残された兄弟犬タロとジロについては、映画『南極大陸』(1983・蔵原惟繕監督)で知られているが、古い話なので、思いだすために、若干の経緯。

 1957年2月15日 第1次南極越冬開始。
 1958年2月11日 第1次越冬隊は南極観測船「宗谷」に全員収容された。15頭のカラフト犬は第2次越冬隊が引き続き利用するため、昭和基地に係留したままだった。しかし天候が回復せず、第2次越冬は中止となった。鎖につながれたままのカラフト犬たちは、極寒の世界に置き去りにされてしまった。

 1年後の1959年1月14日。第3次観測隊が昭和基地に到着すると、なんと2頭が生きていた。タロとジロ。それを確認したのは北村泰一だった。残る13頭のうち、7頭は氷雪の下から遺体で発見された。解剖した結果、完全餓死。6頭は、首輪などの痕跡だけ残して姿を消してて最終的に「行方不明」とされた。

 1968年2月9日 福島隊員の遺体を第九次越冬隊貝が発見。直後に、1次越冬隊撤収時に残覆されたカラフト犬1頭の遺体発見。奇跡の生還を果たしたタロ、ジロとともに昭和基地で生き延びていた、“第三の犬”だった。

 北村泰一は、1931年生まれ。1957年の日本南極観測隊第1次越冬隊、1959年の第3次越冬隊に参加。

 

|

« 樋口恵子/上野千鶴子★人生のやめどき――しがらみを捨ててこれからを楽しむ      …………未練たっぷりに、この世を去りたい | トップページ | 吉田豪★書評の星座――吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019      …………いいたい放題の“明るい書評”本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樋口恵子/上野千鶴子★人生のやめどき――しがらみを捨ててこれからを楽しむ      …………未練たっぷりに、この世を去りたい | トップページ | 吉田豪★書評の星座――吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019      …………いいたい放題の“明るい書評”本 »