« 発掘本・再会本100選★句会で会った人│戸板康二          …………俳句は句会を通じて交遊する文芸、――そのちょっといい話 | トップページ | 磯貝英夫・室山敏昭:編★類語活用辞典 新装版       …………“読む辞書”として楽しい »

2020.11.29

斎藤美奈子★忖度しません                 …………令和がスタートしたので昭和、平成を検証してみる

Photo_20201129084001


 なぜ野党は選挙で負け続けているのか。なぜ市民運動の現場には、高齢者しかいないのか。
 それは日本人が劣化したからだ。若者の意識が低いからだ。

 と、もしかしてあなた、思ってません? だからダメなんですってば。リベラルが後退戦を強いられているのは、相手がバカだからではなく、こちら側に魅力がないからです。

 自分はぜったい正しくて、自分以外はみんなバカ。愚かな大衆諸君に、賢い私が正しいことを教えてあげる。そんな不遜な人たちに、だれが与したいと思います? 民主主義の危機をいいつのる人々のやり方は、ぜんぜん民主的じゃないんだよね。

★忖度しません /斎藤美奈子 /2020.09 /筑摩書房


 

 同じテーマの3冊の本をとりあげ、社会時評的なコメントを加えたシリーズの新刊。

 たとえば吉崎達彦『1985年』、竹内修司『1989年』、速水健朗『1995年』の3冊から戦後日本のピークはいつだったかを考える。

 若竹千佳子『おらおらでひとりいぐも」、高村薫『土の記』、橋本治『九十八歳になった私』の3冊から老境を描く「玄冬小説」を考察する。

 安田浩一・倉橋耕平『歪む社会』、樋口直人・永吉希久子ほか『ネット右翼とは何か』、山崎雅弘『歴史戦と思想戦』の3冊からネトウヨvsリベラル「攻防の25年」を顧みる。

 池澤夏樹訳『日本文学全集01 古事記』、小野寺優『ラノベ古事記』、こうの史代『ぼおるぺん古事記(1)天の巻』の3冊から「現代語訳『古事記』の奇想天外」な最近の古事記本の世界を覗き見る。

 など、多彩なテーマのブックガイドである。

 ――看過できないのは「負の歴史」を見ようとしない歴史修正主義の蔓延である。当初は気にもとめられなかった修正主義者たちの言説は、気がつけば政財界の奥深くに入り込み、学校教育や外交にまで影響を与えている。原因はどこにあったのか。

 平成が終わって令和がスタートしたこのタイミングで、歴史と呼ぶには近すぎる過去を検証してみるのも悪くないだろう。(本書)

 

Amazon斎藤美奈子★忖度しません 



 

|

« 発掘本・再会本100選★句会で会った人│戸板康二          …………俳句は句会を通じて交遊する文芸、――そのちょっといい話 | トップページ | 磯貝英夫・室山敏昭:編★類語活用辞典 新装版       …………“読む辞書”として楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発掘本・再会本100選★句会で会った人│戸板康二          …………俳句は句会を通じて交遊する文芸、――そのちょっといい話 | トップページ | 磯貝英夫・室山敏昭:編★類語活用辞典 新装版       …………“読む辞書”として楽しい »