« 03/芸というもの◆T版2020年…………◎村岡恵理・ラストダンスは私に―岩谷時子物語◎柳家小三治・どこからお話ししましょうか◎毛利義孝・バンクシー◎村田喜代子・偏愛ムラタ美術館展開篇 | トップページ | 06/男と女と嘘◆T版2020年…………◎村田喜代子ほか・掌篇歳時記春夏◎高橋三千綱・悔いなく生きる男の流儀 »

2020.12.18

04/政治の品格◆T版2020年           …………◎吉田千亜・孤塁◎佐藤章・職業政治家小沢一郎◎中島岳志・石原慎太郎―作家はなぜ政治家になったか◎乗京真知/朝日新聞取材班・追跡金正男暗殺◎岩瀬達哉・裁判官も人である

04_20201218100601

 

04

04/政治の品格

吉田千亜★孤塁――双楽郡消防士たちの3 11  2020.0l/岩波書店

 

 紛糾して終わった会議から、わずか数時間後のことだ。

 16日、午前6時前。福島第一原発4号機で火災が発生した。双葉消防本部に連絡が入る。

 東電からの「原子炉冷却要請」に対し、行くか行かないか話し合ったばかりだ。話し合いの末、「東電から現場の詳細な情報をもらうまでは保留」という結論になっていた。

しかし「火災」となれば話は違う。消火活動は、消防の仕事だ。〔…〕

 指揮隊、消火隊、梯子車隊、化学車隊、支援隊……出動する職員の名前が一人ずつ呼ばれていく。6隊21名が出動することが決まり、声を荒らげ反対していた職員も、黙々と装備を始めた。

「火災、と聞けば、スイッチが入る」「消防士の性だ」「消防魂、というのかもしれない」と複数の職員が思い返している。

*

 福島県双葉消防本部は、双葉町、大熊町など6町2村の広域組合である。所属した125名の消防士のうち66名から、その9年後に取材した3.11の記録が本書『孤塁』である。

地震、津波被害者の救助や避難誘導だけでなく、原発構内での給水活動や火災対応にもあたった。とりわけ官僚以上に官僚的な東京電力は情報を伝えず、上から目線で“指示”してくる。これに翻弄される自治体消防の、しかし、決死で、けなげに奮闘する姿が描かれる。

*

「私たちは、この道を右に行くか、左に行くか、というところから、何かを選ばなくてはならなかった。そして、『いまのあなたの置かれた状況は、あなたが選んできたものだ』と言われてしまう。でも、いつも、『選びたい』と思う選択肢なんて一つもなかった」

 双葉町から他県へ避難している女性のこの言葉を「忘れたことがない」と著者は書く。

 

04202009

04/政治の品格

佐藤章★職業政治家 小沢一郎  2020.09/朝日新聞出版      

 福田[康夫首相]と小沢の話し合いはさらに進んで、民主党が政権に参加する大連立構想にまで及んだが、この結果について、民主党内から猛烈な反対が巻き起こり歴史的な大連立は現実のものとはならなかった。〔…〕

――あの時の民主党は行政の知識が少ないわけだから、[大連立を]やってみればよかったんです。だから、政権を取ってみて何か高級なおもちゃを預けられたような状態になってしまったんです。

 官僚との関係が悪くなってしまった原因のひとつもそこにあると思います。

 大連立は二つの要素でいい結果を生むはずだったんです。ひとつはもちろん政権を取るためにいいということです。もうひとつはやっぱり、みんな行政を勉強する期間を取った方がいいということだったんです。

――「第1章 民主党政権とは何だったのか」

*

 国家戦略局構想を描いた元参院議員の松井孝治の話。

――ある意味で小沢さんの力が強すぎて、やっかみがあったんだと思います。私が思ったのは、むしろ小沢さんが入閣していて、政府内で調整してくれていれば、それこそ国家戦略局を通じて政府与党一元化の形を作ることができたんじゃないか、ということです。(本書)

 

04_20201218100501

04/政治の品格

中島岳志★石原慎太郎――作家はなぜ政治家になったか 2019.11/NHK出版

この日本の「戦後」を、石原慎太郎の人生がそのまま体現しているのではないか――。〔…〕

成熟しない。臆面もない。結局のところ、アメリカに依存し、アジアに対しては横柄な態度で接する。声高にナショナリズムを叫ぶ。着地しない。

 

04_20201218100502

04/政治の品格

乗京真知/朝日新聞取材班★追跡金正男暗殺  2020.01/岩波書店

 北朝鮮は暗殺によって、正男[ジョンナム]だけでなく、正男に連なる脅威も排除した。「第二の正男」となりうるハンソル[漢率]や、ハンソルを利用しかねない国々、反体制派の動きを牽制した。

 正男に人前で毒を塗り、監視カメラに一部始終を撮らせ、もがき苦しむ臨終の様子まで見せつけた暗殺劇は、

正恩[ジョンウン]体制に刃向かう者を威嚇する、見せしめの「公開処刑」だったと言える。

 

04_20201218100503

 

04/政治の品格

岩瀬達哉★裁判官も人である――良心と組織の狭間で 2020.01/講談社

 

「良心に従って原発を停められるのは、定年退官か依願退官かは別にして裁判官を辞めると決めた時でしょう。

でないと原発を停めた途端、裁判所での居場所をなくしてしまいますから」

 

 

 

|

« 03/芸というもの◆T版2020年…………◎村岡恵理・ラストダンスは私に―岩谷時子物語◎柳家小三治・どこからお話ししましょうか◎毛利義孝・バンクシー◎村田喜代子・偏愛ムラタ美術館展開篇 | トップページ | 06/男と女と嘘◆T版2020年…………◎村田喜代子ほか・掌篇歳時記春夏◎高橋三千綱・悔いなく生きる男の流儀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 03/芸というもの◆T版2020年…………◎村岡恵理・ラストダンスは私に―岩谷時子物語◎柳家小三治・どこからお話ししましょうか◎毛利義孝・バンクシー◎村田喜代子・偏愛ムラタ美術館展開篇 | トップページ | 06/男と女と嘘◆T版2020年…………◎村田喜代子ほか・掌篇歳時記春夏◎高橋三千綱・悔いなく生きる男の流儀 »